派遣法の基礎知識

派遣における36協定とは。時間外労働に関する取り決め

派遣で働いていると度々耳にする『36協定(サブロク協定)』。

 

しかし36協定がなんのことかよく分からない楓ちゃん。

 

ここでは派遣における36協定とは一体どのようなものなのかを一緒に見ていきましょう。もし派遣会社で36協定の締結がされていなければ、残業を行う必要はありません。

36協定とは?時間外労働・休日労働に関する協定

派遣にも残業があって時給割増もあることは分かったけど、この『36協定』ていうのがイマイチよく分からないな。。。
36協定は難しく考える必要はないよ。

正社員や派遣に限らず、会社が社員に残業を課す為には36協定を結ばないといけないというルールなんだ。

平子
さとる
じゃあ俺たちは派遣の契約を結ぶ時に、一緒に36協定も結ぶってことか?
そのイメージでOKだよ。厳密に言うと派遣契約を結んだ時点で36協定は結ばれるんだ。
平子

36協定とはなにかまず大前提として、日本の法律では労働者に対して「時間外労働」を課すことはできないんだ。

 

じゃあどうやって残業をしてもらうかというと、従業員から「一定の条件下においては時間外労働をしてもいい」と合意を得る必要があるんだね。

 

この合意を「36協定」と言い、会社と社員で締結して管轄の労基署に届け出をする必要があるんだ。

 

これは正社員や契約社員や派遣とか関係なく、どの会社にも当てはまることなんだよ。

 

 

そして36協定は「従業員の過半数を代表する者」との合意が取れれば良いから、個別に同意を取る必要はないんだ。

 

つまり大抵の会社にはすでに36協定が存在しており(届出が済んでいる)、会社と雇用契約を結んだ時点で、36協定に同意したものとして働くことを意味するんだよ。

 

固く考えると雇用契約を結ぶ前に会社側が36協定を提示し、「弊社に入社する場合はこの36協定になりますが、いいですか?」という確認があるべきなんだけど、わざわざそんな確認をしている会社はないんだ。

 

 

この36協定は派遣で働く場合も同様で、派遣会社と契約を結んだ時点で36協定に同意したことになるんだね。

 

ちなみに派遣会社の場合の過半数とは、派遣会社で働く正社員とスタッフの両方を含めた過半数だよ。

派遣における36協定とは?派遣先ではなく派遣元のルールが適用

派遣の場合「派遣会社・派遣先」と会社が2社入りますけど、どちらの36協定が適用されるんですか?
派遣の場合は派遣元である派遣会社の36協定に従うんだ。

ちなみに派遣は「就業条件明示書」に「残業あり」の記載も必要なんだ。

平子

就業条件明示書に記載が必要派遣の場合ややこしいのは、契約は派遣会社と結ぶけど仕事を行うのは派遣先という点だね。

 

派遣会社で社員と36協定の締結をしていないのに、派遣先の会社が社員と36協定を締結しているからといって、派遣社員に対して残業の指示をすることはできないよ。

 

もし発覚した場合は、労基法違反にあたり派遣会社・派遣先ともに罰則を受けることになるよ。

 

 

つまり時間外や休日出勤などに関する細かな規則は、派遣先の36協定でなく派遣会社の36協定に従う必要があるんだね。

 

例えば派遣先の36協定の残業上限が20時間/月だったとしても、派遣会社の上限が36時間/月だったら、36時間残業可能になるんだ。

 

 

また派遣先で派遣社員に残業をしてもらう場合は36協定だけではなく、契約時の就業明示書に記載が必要だよ。

 

残業の有無に関して派遣先が決定し、派遣会社と労働者が雇用契約を結ぶ際、就業条件明示書に「残業あり」と記載する必要があるんだ。

 

ここが「残業なし」となっていた場合、派遣会社に36協定があったとしても残業を課すことはできないし、もし強要されても拒否することが可能だよ。

36協定は派遣先ではなく派遣元のに従う。

契約時点で残業には同意してるけど、就業条件明示書に記載がない場合「その派遣先では残業はない」てことですね。

その通り。派遣における36協定分かったかな?
平子

派遣会社を選ぼう!

大手派遣会社の特徴とおすすめでは、派遣会社7社の強みや特徴を解説しているから参考にしてね。

 

派遣で働いてる人たちが『満足度』を投票した スタッフが選ぶ派遣会社の評判口コミランキングも併せて読んでおこう。

 

はじめて派遣をする人たちに人気なのが人材ビジネス業界ランキング5年連続1位のテンプスタッフ

大手から一般企業、事務・軽作業スタッフから単発の仕事まで網羅していて、求人数も他の派遣会社より3倍多いから、初めての派遣〜ベテラン派遣社員までどんな立場の人でも利用可能だよ。

 

ただしテンプスタッフで仕事を紹介してもらうには、最終的にテンプスタッフの店舗に来社しないといけないんだ。

今すぐ仕事を始めたい人は「来社予約」を、求人を見てから決めたい人は「無料登録」にしておくとよいね。

 

紹介から仕事開始まで、全てをWEB上で完結させたい人には来社不要の派遣会社もあるよ。

求人の質に定評のあるアデコと、求人の量がテンプスタッフの3倍あるスタッフサービスが定番の派遣会社だね。

 

はじめての派遣におすすめ 大手派遣会社の特徴 来社不要WEB登録の派遣会社
派遣会社評判口コミランキング 都道府県別のおすすめ派遣会社
 

人気の記事

no image 1

これから派遣を始める楓ちゃんとさとる君。 ...

派遣会社に登録できない例。登録を断られる時、拒否される時 2

派遣会社へのWEB登録をすませ、登録会へ ...

スタッフサービスの登録〜就業までの流れ 3

派遣で働く決意をした楓ちゃん。しかし時間 ...

スタッフサービスのカード 4

サービス名 スタッフサービス 運営会社 ...

アデコ登録時にもらった書類 5

  サービス名 アデコ 運営会 ...

© 2020 派遣案内人「平子先生」〜はじめての派遣社員登録ガイド〜