派遣の基本知識

派遣の3年ルールとは?個人・事業所単位の抵触日

更新日:

派遣の働き方を毎日調べている楓ちゃん。しかし度々登場する「3年ルール」「抵触日」という言葉の意味が、解説を読んでもイマイチ分かりません。今回は「派遣の3年ルールとは?」「抵触日とは何なのか?」について一緒に見ていきましょう。また「抵触日」がきたらどうなるか?クーリング期間などについても解説いたします。

抵触日とは?

楓

うーん、この「抵触日」ってイマイチよく分からないのよねー。
なんのことなんだろ?

平子先生
平子

抵触日というのは「派遣社員として勤められる期間制限を過ぎる最初の日」のことを指すんだよ。

さとる
さとる

え?派遣って期間制限あるのか?

平子先生
平子

うん。今の法律では、派遣は最大3年までしか継続できないんだ。

抵触日の3年ルール派遣社員は、最大3年間の期間制限が設けられている。

 

例えば4月1日から派遣された人は、3年後の4月1日が抵触日にあたるんだよ。抵触日に派遣されててはダメだから、3月31日には派遣を終了しないといけないということだね。

 

派遣法には元々上限3年までという考え方はあったんだけど、今まで専門28業務では設けられていなかった。

 

ただ「派遣は長い期間やるものではなく、あくまで正規雇用へのつなぎ」という考えに従い、2015年の改正で専門28業務を廃止して自由化業務と一本化、つまり今まで専門28業務だった仕事にも3年の法律が適用されるようになったんだ。

 

もし同じ職場に3年以上派遣されているのなら、派遣先にとって必要な人材なわけだから、本来は正社員にしたり、直接雇用が結ばれるべきだよね?

 

そういったことから、3年の上限が設けられているんだ。派遣労働者が安定して働けるようにこの法律があるんだよ。

個人単位と事業所単位の抵触日

楓

じゃあ派遣で同じ企業には最長3年間働けるんですね!

平子先生
平子

ただし3年ルールには、「個人単位での3年」と「事業所単位での3年」の二つがあるんだ。

個人単位と事業所単位の3年ルール今話した派遣の上限3年制度には、「個人単位での3年」と、「事業所単位での3年」の2つに別れるんだ。

 

「個人単位での3年」は同じ人を同一の組織単位で3年以上継続して雇ってはいけないというルール。

 

つまり楓ちゃんが2015年4月1日に「A社の総務課」に派遣した場合、3年後の2018年4月1日が「個人の抵触日」にあたり、この日から「A社の総務課」では働くことができない。

 

もちろんB社やA社の「人事課」でなら働くことができるよ。あくまで同一組織でなければ問題ないんだ。

 

これが個人単位での3年ルール。

 

一方「事業所単位での3年」は、事業所が3年以上継続して派遣を雇ってはいけないというルールなんだ。

 

つまりさとる君が2015年4月1日に「C社の大阪工場」という事業所に派遣された場合、3年後の2018年4月1日が事業所の抵触日にあたるから、この日から一切「C社の大阪工場」は派遣利用ができなくなるんだ。

 

個人単位と違い事業所単位だから、さとる君だけでなく、今まで「C社の大阪工場」で働いたことがない楓ちゃんも働くことができないんだ。

 

またこの事業所単位は合算だから、さとる君が1年半「C社の大阪工場」で働き、翌日から楓ちゃんが「C社の大阪工場」で1年半働いても合計3年になり、抵触日を迎えて派遣は利用できなくなるんだ。

さとる
さとる

えー!じゃあC社では派遣はもう誰も働けないのかよ

平子先生
平子

あくまで事業所単位だから、「大阪工場」では働けないけど例えば同社の「兵庫工場」なら可能だよ。
ちなみに「事業所」の範囲は「雇用保険の単位」とされているんだ。

事業所は雇用保健の単位で決定

なにをもって「事業所」とするかは、雇用保険の単位によって決められるんだ。

 

雇用保健は会社で一括して加入しているように見えるけど、実は事業所ごとに分割されている。すなわちそれを基準に同事業所か別事業所か判断するということだね。

 

大きい会社の大きい工場で、会社の組織上として「**事業所」と名称が分かれている場合もあるけど、雇用保険適用事業所としての単位が同じであれば、同一事業所としてみなされこともあるから注意が必要だね。

効力は事業所単位>個人単位

楓

仮に個人の抵触日より前に事業所の抵触日がきた場合はどうなるんですか?

平子先生
平子

その場合は事業所単位の抵触日が適用されるよ。効力の強さは「事業所>個人」なんだ。
だから派遣会社は前もって労働者に事業所の抵触日を伝えておく必要があるんだよ。

さとる
さとる

この3年ルールはどの派遣社員にも当てはまるのか?

平子先生
平子

「60歳を超えている人」と「派遣元に無期雇用されている人」は例外だね

抵触日の延長

さとる
さとる

じゃあ事業所の抵触日がきたら、他の事業所に移らない限り派遣は辞めるしかないのか?

平子先生
平子

派遣先が過半数労働組合(従業員)に対して意見聴取をすれば継続利用可能だよ。

過半数労働組合に対しての意見聴取抵触日の1ヶ月前までに、意見聴取を行い、過半数以上の同意が得られれば、同じ事業所でも3年を超えて派遣を利用することができるんだ。

 

この延長に関しては回数制限はないから、事実上は何度でも可能だよ。

 

実は従業員の同意が取れずにやむを得ず派遣利用を中止するというケースは非常に少ないから、3年以上継続しているのがほとんどだね。

派遣の抵触日のリセット クーリング期間とは

さとる
さとる

あまり意味ない法律だな。。。
じゃあ「個人単位」で3年経った場合は、2度と同じ会社の同じ組織では派遣できないんだな?

平子先生
平子

実はこれも派遣終了した日から3ヶ月経てば再び、派遣を利用することができるんだ。
これは個人単位でも事業所単位でもOKで、この3ヶ月の期間をクーリング期間と呼ぶんだよ。

楓

え?派遣停止が解除されるってこと?そんなに早くですか?

平子先生
平子

うん。ただこれはどこまで有効かは疑問視されているけどね

クーリング期間の悪用法律では3ヶ月経ったら派遣の利用が可能とされているので、派遣会社・派遣先からすれば正当な権利の行使として派遣の抵触日のリセットを行うことができる

 

ただ本来この抵触日の法律の趣旨は、「派遣よりも正規雇用を増やすため」だったよね?

 

つまり3年たった時点で終了し、3カ月期間をおいてもう一度派遣雇用するのは、法律には反していないけど法の趣旨には反しているから、厚生労働省や世間の論調から見ると問題なんだね。

 

たちの悪い派遣会社が、法の抜け穴として3年派遣、3カ月休み、3年派遣と繰り返すことも考えられるし、こうなると法律上認められているけど、脱法行為であるし法を悪用しているとも言えるよね。

 

それを承知で派遣先企業が行使を続けると、当然世間からの声も厳しくなるし、新聞やマスコミで取り上げられれば、企業としてマイナス効果にもなりかねないから、表立ってやることは多くないんだ。

 

だから派遣労働者にとってクーリング期間はないものくらいに考えておいた方がいいかもね。

派遣の抵触日がきたらどうなる

楓

じゃあ抵触日が迫ったら「延長」するか「辞める」か「組織や事業所を異動して働く」かですね。

平子先生
平子

そうだね。あと「派遣先が直接雇用する」というパターンもあるよ

直接雇用は正社員とは限らない抵触日がきたら、「意見聴取やクーリング期間を経ての派遣延長」「同社の別事業所や別組織で働く」「辞める(別の派遣先へ変える)」そして「派遣先企業と直接雇用契約を結ぶ」の4つのパターンだね。

 

企業にとっては優秀な人材には働き続けて欲しいのが本音だから、派遣先が希望すれば、直接雇用もありえるんだよ。3年上限ができてしまった為、今後はこのような流れも多くなるかもしれないね。

 

ただし直接雇用は必ずしも正社員ではないということは頭に入れておいてね。

 

パートや契約社員も直接雇用に含まれるから、契約が決定した場合は雇用条件をしっかり確認しておこう。

さとる
さとる

3年の期間なんかほっといてもバレねーんじゃねーの?

楓

絶対ダメでしょ

平子先生
平子

いや、実は3年過ぎても何もないことは多いんだ。役所もすべての派遣先を管理できているわけではないから、抵触日を過ぎた瞬間に注意を受けるということも実際はほとんどないんだよ。ただ後からそれが判明すると、派遣社員をさかのぼって正規雇用するなどの指導が下されるんだ。

楓

え?じゃあそのまま続けてる場合もあるんですか?

平子先生
平子

たくさんあるね。派遣先も派遣元も気付かなかったり、気づいていても放置していたりと。昔ほどではないけど、いい加減なことをしている派遣会社もまだ多いんだ。勿論大手ではこのようなことはないから心配する必要はないよ。派遣会社を選ぶ際は必ず大手を利用しよう。テンプスタッフがおすすめだよ。

-派遣の基本知識

Copyright© 派遣案内人「平子先生」〜はじめての派遣社員登録ガイド〜 , 2018 All Rights Reserved.