スタッフの本音・体験談

【派遣の理想と現実のズレ】派遣は本来あるべき姿に、まだまだ遠い

派遣という働き方は、理想(派遣法や国、派遣スタッフが本来求めているもの)と現実に大きなギャップがあると言われています。

ここでは、現役派遣スタッフ100人に「派遣で働いて感じる理想と現実のズレ」について語っていただきました。

今から派遣を始めようと考えている方は、現場にはこういった可能性もあることを頭に入れておきましょう。

派遣の理想は現実に追いついていない

派遣ってスタッフが不利益を受けないように、しっかり法律とかルールが決まっているんだー。

仕事も労働条件も自由に選べるし、正社員より働きやすそうだな。

そうとも限らないよ。確かに理想通りにいけば、派遣は素晴らしい働き方の1つであることは間違いない。

ただ、派遣社員の実態は使い捨てと呼ばれている側面も考慮しなければいけない。

また派遣は、現実が理想にまだまだ追いついておらず、大きなズレがあるんだ

平子
さとる
どんなズレがあるんだ?
じゃあ今日は派遣スタッフとして働いてる人が感じた「派遣の理想と現実のズレ」を紹介するね
平子

スタッフが納得していない仕事を紹介される

希望条件と違う求人ばかり紹介される

真顔の女性

派遣であるべき姿

26歳女性

本来派遣であるべき姿は、スタッフが派遣先を気に入らなかった場合、派遣会社は他の派遣先を提示し、そのスタッフが納得した働き先を紹介してくれるもの。

また派遣契約終了後、次の派遣先を決める際に、スタッフが「○○関係の業界、業種の仕事がしたい」「今までと同じような業種の仕事がしたい」などの要望があれば、そのスタッフの要望に合った派遣先を紹介してくれるものの筈。

怒る女性1

現実

26歳女性

自分が要望した業種を紹介してもらえない。

要望した仕事が無いからかもしれないですが、3件紹介されてごく稀にその内の1件がヒットする感じ。

また「○○の業界、業種の仕事を探している」「△△の業種以外はしたくない」と最初に伝えているのに、それ以外も紹介されるので、自分で情報管理をしていないと望んでいない仕事についていしまう可能性がある。

担当者がスタッフの望んでいる業種を詳しく理解していないため、違う業種の仕事を平気で薦められることが多い現実です。

派遣会社と派遣先の間で、仕事内容・条件の確認がとれていない

派遣会社と派遣先の連絡が取れてない

真顔の女性

派遣であるべき姿

25歳女性

「派遣会社」と「派遣先企業」の間で、仕事内容や条件は前もって確認がとれており、派遣社員はその条件通りに働くことが当たり前。

顔合わせの際には、お互いが不安を解消できるような時間にするのがベストだと思います。

もし万が一、派遣会社と企業の間で働く条件の違いがあれば(普通はそんなことは無いと思いますが)、派遣会社は迅速に確認をする努力が必要。

書類で募集条件を派遣社員は確認していてるので。

怒る女性

現実

25歳女性

派遣会社で仕事内容の説明を受けた時には長期と聞いていたが、顔合わせのときに、企業担当者の方に「短期でのご応募で良かったですよね?」と聞かれました。

しかも仕事内容について説明を受けると、聞いていた内容とは違う内容でした。この条件ならと応募していたので、がっかりでした。

当初は他にも派遣社員の方がたくさんいらっしゃって働きやすいと聞いていたのも、実際は派遣の方は全くいないとのことでした。

理想は1社1社の仕事内容を派遣会社営業マンが把握しておくべき。ですが現実は1人で複数の派遣先を扱っているので、把握しきれてないんだと思います。

「派遣」という理由だけでの差別がある

派遣というだけで差別される

満足の女の人

派遣であるべき姿

43歳女性

会社に必要とされる仕事をしているのだから、たとえ派遣社員という雇用形態であっても、正社員や契約社員など、会社に直接雇用されている人たちと同じように、人としてきちんとした対応をされるべき。

当然、派遣だからという理由で不利益を被るような事は決してあってはならない筈。

怒る女性

現実

43歳女性

派遣社員という雇用形態で働く人間を、正社員や契約社員、時にはアルバイトやパートの人が下に見ている。きちんとした名前があるにも関わらず「派遣さん」と呼んで名前を呼んで貰えない。

派遣社員と正社員で社員食堂の金額が違ったり、そもそも派遣社員は使用禁止という所もあった。

派遣社員で働く人間は、スキルが低い・社会経験が少ないと決め付け、任された仕事をきちんと時間内に終わらせているにも関わらず評価して貰えない。

契約外の仕事をしてはいけないと決まっているから断っているのに、派遣のくせにと文句を言われる。

派遣という理由で差別されてると思うことは多いです。

初めに受けた説明と話が違うことがある

聞いていた話と違う

真顔の男性

派遣であるべき姿

36歳男性

仕事内容・仕事の範囲・残業がどれくらいあるかを最初に決める。仮に仕事内容、範囲が途中で変更する場合は、その可能性があることも顔合わせの際に話しておくべき。

また、話が違うので辞めたいとスタッフが考えた場合、派遣会社の担当者は相談にしっかり乗り、派遣先と問題が起きないよう担当者が派遣先に伝え、辞める時期などを決めていくべき筈。

怒る男性1

現実

36歳男性

仕事内容、仕事の範囲が途中で変更されました。その範囲は専門的なもので、社員と同じように研修を受け、当たり前のように難しい内容を覚えないとなりませんでした。

面接の際に、数ヵ月後には仕事で扱う商品が変わることを伝えておくべきです。

採用してから、社員でも難しい専門的な内容を派遣にも同じように求め、難しすぎるから辞めたいと担当者に申し出たのですが、派遣先の上司に呼び出され、なぜ辞めるのか、今辞めたらあなたは変われないと問題をこちらに投げられ嫌な気持ちになりました。

最初に受けた説明と変わっていくのは派遣ではよくあることで、理想通りに働くのは難しいシステムです。

営業担当者が派遣先の仕事もスタッフのスキルも理解していない

派遣の営業が仕事内容やスタッフスキルを理解していない

真顔の女性

派遣であるべき姿

25歳女性

営業はユーザーの経験と派遣先企業の求める人材のすり合わせを行うことが大事。

ユーザーの経歴やスキルを見て、最適な派遣先へ派遣する。また派遣先から人材を求められた場合、すぐに紹介をできるようにしておくべき。

例えば予期せぬ問題が起こり、派遣スタッフが休まなければいけなくなっても、「あの人なら出来る筈」と代替えの人をすぐに派遣できるよう把握しておくことが大事

怒る女性

現実

25歳女性

顔合わせで営業が企業側の仕事内容を把握しきっていないため、初回面談でピリピリしたムードになった。

「これもできないんですか?」「あれもできないんですか?」と聞かれ、最終的にはなぜ「うちの会社を希望したの?」と私が怒られる始末。

そもそも営業マン1人で100人以上担当していることも多いから、スタッフのことなどほとんど理解してない。当日の代替えなんてきく筈もなく。

採用・不採用がある

顔合わせによる選考がある

真顔の女性

派遣であるべき姿

38歳女性

派遣会社は、派遣社員を派遣先に紹介して雇用させる責任がある。派遣先が複数の派遣会社を競合させて、入札のように派遣社員を選ばせることは違法であると派遣先に説明し、そのような競合がなくなるようにする義務がある。

複数の派遣会社から紹介された派遣社員と面接し、競合させて派遣社員を選抜することは明らかに違法行為である。

それでは派遣会社の「派遣」の意味はなくなり、単なる人材紹介になるので、そのことを派遣先や派遣社員にも説明し実行しなければならない。

怒る女性2

現実

38歳女性

現実的には、複数の派遣会社による「競合」「競合面接」が当たり前のように行われています。

わたし自身複数の派遣会社に登録しており、数社から「同じ内容、同じ派遣先」での仕事を紹介されることがありました。

これは、派遣先が悪いのかもしれませんが、実際派遣会社もそのことを知っており、「競合で勝ちたいのでがんばってほしい」「競合に勝つために時給を相談できないか」というようなことを言われたこともありました。

派遣会社は競合は違法だと知っているはずなので、そのようなことはやめてほしいと思います。

派遣先が派遣の業務内容を把握してない

派遣先が業務内容を理解していない

真顔の男性

派遣であるべき姿

29歳男性

自分のすべき仕事に関して、派遣先の担当の社員さんなどから詳しく説明してもらえるべき。

説明をきちんとしてもらえれば、スムーズに気持ちよく仕事に取り組める。また、分からないことは聞けば教えてもらえるべき。

派遣社員の立場で判断できないこともたくさんある。自分のする仕事がはっきりしているべき。

怒る男性

現実

29歳男性

自分のすべき仕事は、その仕事の前の担当者しか具体的な内容が分からない状態だった。前の担当者も派遣社員で、訳ありで退職しており、引き継ぎなど何もないまま辞めてしまっていたので、何も分からない手探りの状態から仕事を始めなければならなかった。

社員さんに聞いても分からないと言われることが多く、自己裁量でどこまで決めていいのかも分からず困った。

派遣は便利屋と思われている節があり、人が足りてない仕事に回す人材と考えられてるから、このようなことが起こると思う。

派遣会社の規則が適用されていない

派遣会社の規則ではなく派遣先の規則で働いてる

真顔の男性

派遣であるべき姿

49歳男性

派遣社員は、始業時間や就業時間など派遣元の会社の規則に従いながら業務を行うべきはず。

またその会社の機密事項などに関する業務は行わないほうが理想的。

怒る男性

現実

49歳男性

実際は派遣先の会社の規則に従わなければ業務が困難である場合が多いため、派遣先の会社の規則に流されやすくなってしまいがち。

そのため、休日なども派遣先の会社にて認められた日をとってしまい、派遣先と契約しているのと変わらない状況が多々あります。

派遣会社とスタッフの間で連絡が取れていない

派遣会社とスタッフの連絡がとれていない

真顔の女性

派遣であるべき姿

22歳女性

派遣社員が困った時などのために、営業担当者と派遣社員は連絡を密にとれるようにしておくもの。

例えば勤務開始してから担当営業が変わった場合はあいさつに来る。派遣先企業と派遣元のコンタクトは良くとれているのが当たり前。

また、もし現在働いている所よりもいい案件があれば情報を流してくれる。単発での仕事など、掛け持ちをしたいユーザーに対しては別個で連絡をくれるなどマッチングさせるのが派遣だと思う。

怒る女性

現実

22歳女性

担当者に電話をしたら随分前に担当変わったと後で知らされる。変わったら普通挨拶するものでは?また基本連絡は事後報告が多い。

重要な事は双方での連絡が取れていない。スタッフにとってメリットある情報も言ってくれない。

派遣会社での教育がしっかり行き届いてないのが原因だと思う。

そっか。。。理想にはまだ程遠いって感じですね
もちろん、派遣で働いたら必ず上記で挙げたような不利益を受けるわけではないよ。

営業マンをしっかり教育している派遣会社もあるし、優しい派遣先もあれば優秀な営業マンもいるからね。

派遣で満足して働いているスタッフもたくさんいるんだ。

ただ大手でも顔合わせの不採用は当たり前となっているし、派遣にはこういう側面があることも覚えておこう

平子
「派遣はブラック!」座談会メンバー
派遣はブラック!座談会|スタッフの苦情を派遣会社に投げかけました

派遣に興味はあるものの、「派遣はブラック」という声も聞くため、躊躇している楓ちゃんとさとる君。では派遣はどのような面がブラックと言われているのでしょうか? 今記事では、派遣スタッフ経験者に「派遣はブラ ...

続きを見る

はじめての派遣におすすめ 大手派遣会社の特徴 来社不要WEB登録の派遣会社
派遣会社評判口コミランキング スタッフサービス オー人事ネット

人気の記事

no image 1

これから派遣を始める楓ちゃんとさとる君。インターネットで検索すると、あまりにも派遣会社の数が多く、どの会社に登録すればよいか分かりませんでした。 ここでは「後悔しない為の派遣会社の選び方」と「大手派遣 ...

no image 2

派遣会社へのWEB登録をすませ、登録会への参加が目前に迫った楓ちゃんとさとる君。 しかし「派遣会社では登録を拒否される場合」もあることを知りました。 ここでは「派遣会社への登録を断られる時、拒否される ...

no image 3

旦那の給料だけでは懐が寂しい為、派遣で働く決意をした楓ちゃん。しかし時間がとれず、派遣会社の登録会に参加することができません。 ここでは電話やWEB上で完結できる「来社不要の派遣会社」を一緒に見ていき ...

スタッフサービスのカード 4

サービス名 スタッフサービス 運営会社 株式会社スタッフサービス 求人数 8万件前後 利用地域 全国47都道府県 料金 無料 口コミ  4.1   スタッフサービスの求人を見る   ...

no image 5

ジョブチェキの利用方法がいまいち分からない楓ちゃんとさとる君。 ここではテンプスタッフの求人検索サービス『ジョブチェキ』の登録方法から使い方までを一緒に見ていきましょう。 また「ジョブチェキ でのエン ...

Copyright© 派遣案内人「平子先生」〜はじめての派遣社員登録ガイド〜 , 2019 All Rights Reserved.