よくある質問 Q&A

派遣は交通費なしが大半。出ない理由と交通費ありのカラクリ

派遣先へ電車通いの為、往復の交通費に毎日800円かかっている楓ちゃん。ふと「交通費を出してもらうことはできないの?」と考えます。

 

ここでは「派遣と交通費」の関係について一緒に見ていきましょう。

 

また「交通費がある仕事とない仕事の違い」「派遣会社の交通費のカラクリ」「交通費の交渉」についても解説いたします。

 

同一労働同一賃金制

2020年4月より、派遣業界に同一労働同一賃金制が施行されました。

これにより、基本的にはどの派遣会社でも交通費が支給されるようになっています。

 

大半の派遣は交通費が自腹

はぁ。。。交通費800円くらい自己負担でいいと思ってたけど、地味にきついな。

派遣って交通費出してもらえないのかな。。。

さとる
高速道路の手前なら結構乗せてってくれる人多いぞ
仕事行くのにヒッチハイクはきついでしょ。

遅刻しないか毎日命がけじゃない。

さとる
じゃあ最悪を想定して、歩ける距離までは電車で行って、そこからヒッチハイクしたらいいんだよ。
もう普通の電車通勤じゃない。なんでどうしてもヒッチハイクするのよ。
稀に交通費が出る仕事もあるけど、大抵の派遣は交通費はでないと考えた方がいいね。
平子
やっぱりそうなんですね。。。

90%以上は交通費自己負担派遣のほとんどの仕事は交通費が自己負担と考えた方がいいね。

 

例えば大手派遣会社であるテンプスタッフの総求人数は現時点で約3万件あるけど、その中で交通費を支給している仕事は約1000件程度。

 

交通費がでる仕事は4%に満たないんだ。

 

 

リクルートスタッフィング アデコの場合は約1万件に対し1000件程度あるから、10%の仕事は交通費が支給されることになるけど、件数でいうとテンプスタッフと変わらないし、どっちにしても少数だね。

 

だから交通費は基本出ないものと考えた方がいいし、仕事によって異なる為、「〇〇の派遣会社だから交通費が出る・出ない」といったことはないんだ。(ちなみに後述する『パーソルテクノロジースタッフ』なら全ての仕事で交通費支給しているよ。ただしエンジニア、Webクリエイター、ものづくりエンジニアなどIT分野専門の派遣会社だね)

交通費ありのカラクリ

さとる
じゃあ「交通費あり」の派遣先は大盤振る舞いってことだな。
いや実は「交通費あり」でも合計で貰える金額は変わらないことが多いんだ。
平子
え?交通費を貰ってるのに合計が変わらないってどういうことですか?
実は交通費が出る場合、時給は下がっていることが多いんだ。
平子

交通費支給のからくり派遣の仕事の中には稀に交通費がでるものもあるけど、その大半は派遣先から貰っている派遣料金の分配が変わっているだけなんだ。

 

例えば派遣先から派遣会社へ支払われている「派遣料金が2100円」で、派遣会社からスタッフに支払われている料金が「時給1400円」の仕事があるとしよう。

 

「交通費あり」としている仕事の場合、この「時給1400円」を100円下げ「時給1300円」に設定していることが多いんだ。

 

「毎日交通費800円」支払いますと言うと一瞬得をしたように感じるけど、結果的には「下げた時給100円×8時間労働=800円」が交通費に回っただけで、「時給1400円の交通費なし」と変わらないんだね。

 

「交通費あり」としているほとんどの仕事は、このようなカラクリだから、交通費だけに振り回されても意味がないことは頭に入れておいてね。

 

 

ただし稀に派遣先から「派遣料金2100円+交通費○○円/月」として貰っている場合もあるんだ。これに関しては純粋に交通費を別途もらえるよ。

 

交通費は「全額支給」「一部支給」「支給なし」の3つに分類されるんだけど、「全額支給」の場合は派遣先が支払ってくれるるケースも多いんだ。

派遣で交通費が出ない理由

そっか、交通費が出る会社を選んで喜んでても、もらえる額は一緒なんですね。。。

でもなぜ派遣は交通費がでないんですか?正社員だったら普通は出ますよね。

派遣先はできるだけコストを抑えたいしね。

また派遣会社の計算が難しくなるのも1つの理由だね

平子

「交通費は時給に含む」派遣先にとって派遣を利用するメリットは、それなりの仕事を正社員程のコストをかけずに行うこと。

 

その為、時給はある程度高く設定されてるけど交通費は抑えたいのが本音なんだね。

 

 

派遣会社も派遣スタッフ1人1人に対しての毎日の交通費を計算して支払うとなると、膨大な時間が必要となり管理が難しくなるんだ。

 

だから現時点では「交通費なし」ではなく、「交通費は時給に含んでいます」というのが派遣会社の考え方なんだ。

交通費の交渉

さとる
交渉次第で交通費貰えたりはしないのか?
実績やスキルによっては貰える場合もあるよ。優秀なスタッフは派遣会社も手放したくないからね。

また交通費は無理でも時給自体を上げることは交渉次第で可能だよ。

平子
派遣の時給を上げる交渉術。コツは就業前とWin-Winの関係
派遣の時給を上げる交渉術。コツは就業前とWin-Winの関係

続きを見る

法律によって今後は交通費が支払われる可能性も0ではない

でも正社員と派遣会社って待遇に格差があったらダメなんですよね?

交通費は問題にならないんですか?

法律的には正社員と派遣で格差があってはいけないとされているから、裁判になってるケースもあるね。

今後もしかしたら交通費が支払われる可能性もあるかもね。

平子

今後交通費が支払われる可能性も通勤手当が支払われないのは正社員との待遇格差であり労働契約法に反するとして訴えをおこしている人もいるんだ。

 

厚生労働省もその件に関して派遣会社に指導をしているし、「反していると判断し見直し中」としている派遣会社もあるから、もしかすると将来的には交通費が支払われる可能性もあるね。

 

例えばテンプスタッフで有名なパーソルグループが運営する『パーソルテクノロジースタッフ(ITエンジニア、Webクリエイター、ものづくりエンジニアなどの分野専門の派遣会社)』は、2019年4月1日から全ての人に交通費支給を開始するとしている。

 

今後働き方改革の同一労働同一賃金もあるから、正社員と同様の待遇を受けることは可能になるかもね。

 

 

たださっきも言ったように、「交通費は給与に含まれている」と考える派遣会社も多いから、今の所は交通費なし継続の可能性が高いんだ。

 

パーソルテクノロジースタッフ(旧 インテリジェンスの派遣)

派遣会社を選ぼう!

大手派遣会社の特徴とおすすめでは、派遣会社7社の強みや特徴を解説しているから参考にしてね。

 

派遣で働いてる人たちが『満足度』を投票した スタッフが選ぶ派遣会社の評判口コミランキングも併せて読んでおこう。

 

はじめて派遣をする人たちに人気なのが人材ビジネス業界ランキング5年連続1位のテンプスタッフ

大手から一般企業、事務・軽作業スタッフから単発の仕事まで網羅していて、求人数も他の派遣会社より3倍多いから、初めての派遣〜ベテラン派遣社員までどんな立場の人でも利用可能だよ。

 

ただしテンプスタッフで仕事を紹介してもらうには、最終的にテンプスタッフの店舗に来社しないといけないんだ。

今すぐ仕事を始めたい人は「来社予約」を、求人を見てから決めたい人は「無料登録」にしておくとよいね。

 

紹介から仕事開始まで、全てをWEB上で完結させたい人には来社不要の派遣会社もあるよ。

求人の質に定評のあるアデコと、求人の量がテンプスタッフの3倍あるスタッフサービスが定番の派遣会社だね。

 

はじめての派遣におすすめ 大手派遣会社の特徴 来社不要WEB登録の派遣会社
派遣会社評判口コミランキング 都道府県別のおすすめ派遣会社
 

© 2020 派遣案内人「平子先生」〜はじめての派遣社員登録ガイド〜